コンセプトハウスとは

コンセプトハウスとは

私たちUTクリエイトは、不動産流通事業(主として土地建物等の売買・交換・賃貸の仲介や、分譲住宅の販売代理等を行う事業)を主軸とした不動産仲介業を行っております。
年間で数百件から一千件もの仲介業務を行っていく中で、現在の顧客物件ニーズがどういったものなのかという【生の声(なまのこえ)=要望】データが蓄積されてまいりました。

不動産流通業界は、限られたニーズを満たす個性の強いオンリー1物件ではなく、大多数のニーズにマッチするオーソドックスな物件で溢れております。

どうしてそうなるのか?

それはアンケートなどで顧客が求めるニーズを収集して、より多くのお客様に高評価いただけるように商品を作るからです。「より多くのお客様」という点がポイントです。
みなさまもご存じの通り、不動産はとても高価な商品になります。
商品が高額になりますので、不動産を所有する資産家は安全性を重視して投資を行います。
そうすると、当然ですが大きな市場(=ニーズ)で運用できる不動産が人気を集めるのです。
その結果、オーソドックスな不動産が市場に溢れてきました。

私は、まだまだ続く建築・不動産供給に懸念しております。

ご存知でしょうか?
厚生労働省の「2014年の事項動態統計(推計値)」によると、2014年の1年間に生まれた子供の数が、史上最少の100万1,000人と推計されております。
そして死亡された数が、126万9,000人と推計されておりますので、明確に日本の人口減少が進んでいることが分かります。

このような状況からも、今の顧客ニーズのみを頼りにしていてはいけない。
今だけではなく、未来のお客様からも選ばれる物件づくりをしていこう。
そうして、私たちは蓄積されたお客様の声をもとに、新規事業として
【企画・生産(born)事業と、再生(reborn)事業】を立ち上げる決意をしました。

選ばれ続けるという、時代を超えて【つながる不動産】を創造することこそが、
UTクリエイトの考える「コンセプトハウス」なのです。

 

コンセプトハウスの目的

不動産には地域性・デザイン性・機能性があり、どれも重要なポイントになります。私たちの考えるコンセプトハウスには、これら重要3要素に「歴史(=物語)」という、その不動産のみが持つ特有のオリジナリティを加えていきます。

主役となる不動産に、土地や町の歴史、所有者や売主の想いを大切に調和させていくことが、重大な任務であると考えます。

私たちUTクリエイトは、新しく企画・生産、再生する不動産を、昔からある町並みに溶け込ませて、地域社会と共存できるまちづくりを目指しております。